トップページ > 乳酸菌 KLB-1

乳酸菌 KLB-1

新種酸菌を発見

かつらぎ産業が、2012年ハナビラタケからなんと乳酸菌を発見。『KLB-1』と名付けました。
ハナビラタケ由来なので、植物性乳酸菌です。

KLB-1は、乳酸菌のうち棒の形状をした桿菌(かんきん)の仲間で、ラクトバチルス パラカゼイです。
熱にも、塩分にも、酸にも強く、過酷な環境でも生き抜く生命力を持っています。


植物性乳酸菌と動物性乳酸菌の違い

株式会社テクノスルガ・ラボによる試験で、バイオセーフティレベル1(日本細菌学会バイオセーフティ指針より)の結果を得ました。
これは、『ヒトに疾病を起こし、或いは動物に獣医学的に重要な疾患を起こす可能性のないもの(日和見感染を含む)。』という意味を持ちます。